HOME > TRMP概要 > 組織・体制

TRMP概要

組織・体制

組織・体制

社員総会
  • 構成:正会員をもって構成。定時総会と臨時総会の2種。
  • 権能:社員総会は、法人の運営に関わる次の事項を決議する。
  • (1)会費及び入会金の金額
  • (2)会員の除名
  • (3)役員の選任及び解任
  • (4)役員の報酬等及び費用に関する規定
  • (5)各事業年度の決算報告
  • (6)定款の変更
  • (7)解散及び残余財産の処分の承認
  • (8)理事会において社員総会に付議した事項
  • (9)前各号に定めるものの他、一般社団・一般財団法人法及び定款に規定する事項
  • 会員種別:正会員と賛助会員の2種。
正会員は、当法人の目的に賛同して入会した個人、法人または団体。
賛助会員は、当法人の事業を賛助するために入会した個人、法人または団体。
理事会
  • 構成:全ての理事をもって構成。通常理事会と臨時理事会の2種。
  • 権能:理事会は、定款に定めるもののほか、次の職務を行う。
  • (1)当法人の業務執行の決定
  • (2)理事の職務の執行の監督
  • (3)代表理事及び副代表理事の選定及び解職
  • (4)社員総会の日時及び場所並びに議事に付すべき事項の決定

理事

  • 定数:3名以上10名以下。(1名を代表理事、2名以内を副代表理事とする)
  • 選任:社員総会において選任。
  • 職務:理事会を構成し、法令及び定款の定めに沿って、法人の業務を遂行する。
監事
  • 定数:2名以内。
  • 選任:社員総会において選任。
  • 職務:監事は、次の業務を行う。
  • (1)会計の監査
  • (2)理事の職務執行状況の監査
  • (3)会計及び職務の執行について、不正の事実を発見した場合は、社員総会に報告
評議委員会
  • TRMPのライセンス発行・管理機関としての公共性、非営利性を担保するため、評議委員会を置く。
  • 理事会は、次の事項の決定又は議決を行おうとするときは、評議委員会に諮問しなければならない。評議委員会は、代表理事の諮問に応じて審議を行ない、その結果を代表理事に報告する。
  • (1) ライセンス発行・管理機関としてのTRMPの公共性、非営利性を担保するた
    めに必要な事項
  • (2)重大なコンプライアンス違反が発生した際の調査、再発防止策、処分に関する事
  • (3)ライセンス契約に関する不服申し立てに対する判断又は決定に関する事項
  • (4)その他、評議委員会の目的達成に必要な事項
委員会等

運営委員会

  • 当法人の事業の円滑な運営を図るため、運営委員会を置く。
  • 下部組織として「技術委員会」と「業務委員会」を設置する。

組織図

Get ADOBE READER

PDFファイルの閲覧には、Adobe® Reader®が必要です。
Adobe® Reader®をダウンロードする

ページの先頭へ戻る